細胞と細胞群の連成による組織形成

体節形成のための同調システム
細胞分裂しながら生物が形をなしていくとき、体の部位のもととなる体節が形成されます。体節とは複数の細胞のかたまりです。この体節を形成するために、哺乳類では細胞内の Hes7 発現量が同調して振動します。 たとえ何かの原因により発現の同調が崩れたとしても、次の体節を形成するときには既に同調を実現しています。この非常に頑健な同調の原理を数理的に解明します。


細胞集団形成のための細胞コミュニケーション
生物の器官形成のために、細胞が集団を形成する必要があります。その際に大事なことは、仲間の細胞と物理的に接着することです。物理的な接着過程を考慮して、細胞集団形成の原理を数理的に解明します。


力学的作用を考慮した血管新生